会社案内

ご挨拶

杉原エンジニアリングでは、省力・省人・無人化という社会の要求に対応すべく、昭和59年に杉原製作所より、設計・技術部門が分離独立して各種自動化装置、エレクトロニクス機器を導入したFA装置の開発・設計に邁進して参りました。幸いにも関係企業様の良きご指導ご鞭撻をいただきまして、そのニーズにお応えすることができたと自負しております。今後も”あらゆる機械を創造する杉原”として、私を始め社員一同懸命に努力して参る所存でございます。より一層のお引立てをお願い申し上げます。

​株式会社 杉原エンジニアリング

代表取締役社長 杉原 啓治

企業理念

あらゆる機械を創造するスギハラをモットーとして
一.社会に職業奉仕をする
一.信義を旨とし誠意を尽くす
一.技術の革新に努力する

会社概要

社   名  

株式会社杉原エンジニアリング

代表者

杉原啓治

創   立

昭和59年4月1日

資本金

5,000万円

決算期

12月31日

【取引銀行 】

​十八親和銀行 本店

商工中金 長崎支店

日本政策金融公庫

福岡銀行 長崎支店

【 役員 】

代表取締役社長

杉原啓治

取締役副社長

杉原皓介

常務取締役

嘉村正彦

【 営業品目 】

各種省力化装置設計製作

ロボット及び周辺機器設計製作

杉原式肥料累積配合プラント設計・製作

各種産業機械設計・製作

特殊工作機械設計・製作

沿革

​昭和59年 

​4月

​昭和63年 

3月

株式会社杉原エンジニアリングを設立し、自動化機器の設計・製作を開始する、資本金1,000万円

資本金2,000万円に増資する

​平成 2年 

2月

組立工場完成

​平成  3年

7月

設計業務のCAD化推進のため、初代CADを導入

​平成10年 

​6月

設計業務の全般を、CADへと移行する(購買・会計業務を電子化とする)

​平成11年 

シップ剤「高速集積装置」を開発する

1月

​平成11年

7月

小型配合設備「マゼッタ」を開発し、自社工場にてブレンドテストサービスを開始する

12月

​平成12年

小型配合設備「マゼッタ」が、第48回長崎県発明くふう展にて特別賞を受く    

​平成16年

7月

主要業務全般の統合ソフトを開発し、全社内をネットワーク化する 

​平成18年

​4月

資本金3,000万円に増資する

​平成18年

工場増築落成

​11月

​平成22年

シート製造装置の開発

5月

​平成24年

​4月

システム制御課を発足し、自社での制御設計を開始する

​平成26年

​3月

設計用ワークステーションの導入

​平成27年

2月

川崎重工業株式会社とシステムパートナー契約を結ぶ

​平成28年

​3月

パラレルリンクロボットと画像処理システムを組み合わせた協調型ロボットシステムの開発

​平成28年

3D CADソフト(i CAD)の導入

5月

​平成28年

画像処理システムソフト(HALCON)の導入

​11月

​平成29年

​3月

画像処理機能を組み込んだ双腕スカラーロボットシステムの開発

​平成29年

​11月

ロボット適用検討センター”ロボットラボ”開設

​令和

培地配合プラントを開発

8月

​令和

特殊飼料配合プラントを開発

​11月

​令和 2年

培養土混錬用ツインミキサーを開発

11月

​令和 2年

​12月

大阪中小企業投資育成株式会社より資本3,000万円導入

関連会社

川崎重工業株式会社

(川崎ロボットシステムパートナー)

h01-04ol.png

株式会社 杉原エンジニアリング

〒851-2107

長崎県西彼杵郡時津町久留里郷1048-16

本社 TEL 095−882−4321

​- 製品品目

Copyright 2018 Sugihara Engineering Co.,Ltd. All Rights Reserved.